スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
政宗第1章
2006-07-27 Thu 22:13
夏姫さん、漢字と英語が極端に苦手なので平仮名やカタカナ多めですがご了承。
&ステージ固有台詞以外も入ってます。(まだプレイ浅いのでどれが固有でどれがどのステージでもしゃべる台詞かわからん)


宿敵・真田幸村とあいまみえるために
奥州を発ち、信州上田城へと向かった伊達政宗
いよいよ、真田幸村との対決目前に迫っていた

待ってろよ真田幸村今行くぜ

戦いのはじまり

上田城電撃戦

小  先ずはこの小十郎が先行して敵の様子を
政  かったるいこと言ってんじゃねぇぜ小十郎
政  狙うは真田幸村ただ一人 ヒューウィーゴー
幸  むっ貴様は奥州独眼竜政宗
政  よぉ遠路遥々、アンタに会いにきたぜ
幸  光栄なり真田幸村お相手いたそう
幸  佐助!俺が出る!
佐  旦那はお館さまからこの城をまかされたんだろ?
佐  ここを離れたら駄目だ…熱くなるなよ
幸  くっ…わかっておる!
武兵 皆、力を合わせるんだ!
政  楽しみじゃねぇか真田幸村
政  今日はどんなダンスを踊ってくれるんだ?
小  あの世で政宗様の天下取りを見物しなよ…
幸  動かざること山の如し
幸  この幸村 この場から逃げも隠れもせぬ
政  言ってくれるじゃねぇか、真田幸村
政  待ってな直ぐ行くぜ!
幸  幸村が槍、まだ折れはせん!
武兵 おい、寝てる場合じゃなぇ!起きろ!
佐  やれやれ…お盛んなこって
武兵 容易く崩れる某と思うなよ
小  政宗さま今こそときをあげましょう
武兵 はっ早い!もうこんな所に…!
武兵 貴様ごとき、馬に蹴られるが分相応よ!
政  独眼竜が食らうまでよ
政  いいねいいね楽しくなってきたぜ!
小  政宗様、あまり無謀なことはなされるな!
政  野暮言ってんじゃねぇぜ、小十郎!
政  この先に真田幸村が待っているんだ!
幸  なんという凄まじき覇気!あなどれん!
幸  なんの、まだまだふるえよ…!
伊兵 筆頭!…って完全にキレちまってる
小  やれやれ…オメェら、急いで政宗様を追え!
政  小十郎、後ろの守りは任せるぜ!
小  お任せあれ!この小十郎、力の限り!
佐  あちゃー、気合入れ忘れたんじゃないの?

あらよっと、人よんで猿飛佐助
さぁ~て俺様に勝てるかな?

佐  さてさて、お手並み拝見といきますか
政  ♪~忍びごときが、やる気がよ
佐  アンタを邪魔する気は無いんだけどね
佐  会っちゃったからには相手してもらうよ
佐  悪いな、主を守るってもの忍の役目でね!
政  Han?ご苦労さんって言って欲しい年頃か?
佐  大人しく奥州に帰ったらどうだい?
政  生憎だが俺は聞き分けが悪くてね
佐  だろうね、言ってみただけ
幸  佐助、独眼竜の相手はこの幸村が!
佐  まぁまぁ、俺にも仕事させてよ
佐  そこの座ってだんごでも食ってなって
佐  アンタ真田の旦那にこだわり過ぎだよ
佐  ま、いいけどね
佐  俺を倒せないようじゃ話になんないぜ
佐  真田の旦那と戦いたいなら、頑張りなよ
佐  んなもんが忍にきくかよ
幸  佐助無理すんな!退け!
佐  退散!申し訳ねぇ
武兵 我ら武田軍総力を揚げて戦うのみ
幸  押し負けるなぁ!武田の力を見せてやれ!
武兵 はっ!
武兵 まさに、戦場の蒼い稲妻!
伊兵 いくぜっ伝説の幕開けよぉ!
武兵 準備はよいか!某に続けえぇ!
武兵 突撃だー!
幸  武田の腕自慢をことごとくなぎ倒すとは…!
武兵 イザ参らん!思うがままに軍功をあげよ
武兵 我が忠節今こそ見せるとき
武兵 クソっ…!あいつ、いい奴だったのに…!
小  敵を倒した後に隙を見せるなとあれだけ…
政  やれやれ、いつもの小言は聞き飽きたぜ!
政  当たり前の結果ってやつだ!
政  どうだい?俺に斬られた気分は?
小  貴方の背中は守る!存分に暴れなされ!
政  よく言った小十郎!さぁ…行くぜ真田幸村!
武兵 もう帰りてぇよー
小  喧嘩の域を出ねぇか…まぁ、それもよし
小  政宗様背後ががら空きですぞ
政  アーユーレディ?そろそろ始めようぜ
幸  うおぉー!負けらねぬぅ!

政  よぅ待たせたな
幸  独眼竜政宗 貴様と剣を交えることを楽しみにしていた
政  うれしいねぇ~

政  アンタとの戦いだけは誰にも邪魔させねぇ
政  一対一の勝負と行こうぜ!
幸  望むところ!全力で参る!
幸  この幸村、燃える心を抑えられぬ!
政  いいねいいねゾクゾクするぜ!
政  アンタ倒さねぇ限り俺の天下取りは始まらねぇんだよ!
幸  独眼竜と出会えたこと、嬉しく思う!
幸  我が槍、竜を貫いてみせようぞ!
政  HA!面白れぇ、やってみな!
幸  遠からん者には音にも聞け!
幸  近からん者は眼に物を見よ!
政  やれやれ、大人しく斬られてくれよ
幸  真田幸村日本一の兵なり!
伊兵 真田、日本一の兵…その名は本物です
幸  真剣勝負こそ我が生きる道!
政  俺を斬りたいんだろ?気合入れてこいよ
幸  ゆけ、我が槍!力の限り道を開け!
幸  お館さまの教え、この胸に!
小  危ない!まったく気が気じゃないっ!
小  たまには此方の身にもなっていただきたい!
幸  この幸村、全力でお相手いたす!
幸  そなたも全力を出せ
政  いいじゃねぇか派手な戦になってきたぜ!
幸  見ていてくだされ、お館さま!
幸  流石は独眼竜…強い!

小  政宗さまっ
政  小十郎っ
政  シット!待ちやがれ
政  真田幸村この勝負はお預けだ
幸  おう
政  落し前つけなきゃいけねぇ奴ができた



この章のポイントは、
いかに後ろからついてくる小十郎を振り切って
幸村と一対一になれるかだと思いました。
幸村に出会うちょっと前の名前つき武将をとっておくと、
小十はそっちにかかりっきりになり、
そのまま幸村に突っ込めば、城門は閉鎖。
途中で一対二になることもなく、思う存分戦えます!
まぁ、半兵衛の乱入はシナリオ上致し方ないけど…。


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<元親最終章 | 航海日誌 | 直江!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 航海日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。